浴衣のお手入れ方法



<セパレート浴衣>



和あらいやのセパレート浴衣は、通常の浴衣よりも長さが半分なので、

ハンガーにかけても場所をとらず、とても便利です!



―普段のお手入れ(シーズン途中)―

・ゆかたは、本来すぐに洗ったりせず、 3・4回くらい着てから洗います。

・ゆかたを着た後は、汗をかいたところを霧吹きでしめらせ、タオルなどでふきとり、

風通しの良い場所で陰干しをしておきます。

・シワが気になるところは、アイロンがけをしてください。



―シーズンオフのお手入れ―

【綿・綿麻素材の浴衣】

・ご自宅で洗う場合は最初は色落ちしますので、他のものとは別に洗ってください。

・軽く折りたたんでからネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗ってください。

・脱水後、しわをよく伸ばしてから陰干しをしてください。

・パリっと仕上げたい場合は、洗濯のりもしくはアイロンがけの時にのりづけなどを行ってください。

・アイロンをかけるときは念のため、あて布をしながらかけてください。



【ポリエステルの浴衣】

・軽く折りたたんでからネットに入れ、洗濯機の手洗いコースで洗ってください。

・ポリエステル素材はしわにならないので、アイロンなどは不要でお手入れ簡単です。



※シーズンオフの浴衣のクリーニングも承ります!!詳しくはお問い合わせください。

→お問い合わせフォーム



<ワンタッチ帯>



・帯は洗濯はできませんのでご注意ください。

・浴衣と同様に、汗をかいたところを霧吹きでしめらせ、 タオルなどでふきとり、

風通しのよい場所で場所で陰干しをしておきます。



☆洗濯やクリーニングをしてしまうと、 帯がほつれてきますので、ご注意くださいね。